RevoWorks Browser[レボワークス ブラウザー]
取り扱いマニュアル

AXISスマートブラウザで使用するソフトウェア「RevoWorks Browser」の取り扱いマニュアルです。

基本操作

インストールにあたっての注意事項
ダウンロードしたRevoBrowserxx.zip(圧縮ファイル)は、解凍(展開)してからご使用してください。
RevoWorksソフトウェアのインストールに続けて、ウイルスチェックとサンドボックスのモジュールのインストールを行なってください。
インストールは必ず『setup.exe』を使用して行ってください。直接『RevoBrowser_X.X.X.msi』を実行しないでください。
インストールは端末の管理者ユーザで実施してください。
バージョンアップは、RevoWorks Browser Updaterによる自動バージョンアップです。

1.『setup.exe』をダブルクリックします。
 ※ インストールを続行するためには管理者権限が必要です。

install01
2.コマンドプロンプト画面が表示され、RevoWorks Browserのインストールを開始されます。 画面の指示に従って[次へ]をクリックしてインストールを進めてください。
3.インストール完了画面が表示されますので、[閉じる]をクリックします。
4.続いてRevoWorks Browser Updaterのインストールが始まります。画面の指示に従って[次へ]をクリックしてインストールを進めてください。
5.RevoWorksBrowser のインストール完了画面が表示されますので、[閉じる]をクリックします。
6.Firefox、Chrome、Edgeのモジュールおよび拡張機能がインストールされます。すべてが完了しましたと表示され、自動で画面が閉じます。
7.PCを再起動します。  
※ 必ず『再起動』を選択してください。高速スタートアップが有効になっている環境では、『シャットダウン』⇒電源オンの操作は再起動として扱われません。(Windows の設定では高速スタートアップはデフォルトで有効になっています)
※ 『再起動』を選択しない場合は再起動が未完了扱いになりRevoWorks Browser が正常に動作しなくなる可能性があります。
8.再起動した画面のデスクトップに「Revoworks Browserのショートカット」が表示されていることと、タクスバー通知領域に「RevoWorks Browser Updater のアイコン」が表示されることを確認してください。

※画像は例です。アイコンの表示位置はPCの設定によって異なる場合があります。

9.続けて、ウイルスチェックとサンドボックスのモジュールのインストールを実行します。 タクスバー通知領域の「RevoWorks Browser Updater のアイコン」をクリックしメニューを表示します。 メニューから[VCKアップデート]を選択して、確認画面でOKボタンをクリックすると、インストールが開始されます。 インストール完了後確認画面が表示されますのでOKボタンで画面を閉じます。  
※ウイルスチェックとサウンドボックスのデータファイルは1~24時間のランダムなタイミングで自動更新されます。
※手動でデータファイルをアップデートする場合は、「RevoWorks Browser Updater のアイコン」メニューから[手動アップデート]を選択して実施してください。
起動にあたっての注意事項
Revoworks Browserに別PCで同じユーザIDでログインした場合には、後からログインした接続者が優先されます。先にログインしていた接続者は後からログインした接続者が接続してから最大5 分後に切断されます。
RevoWorks Browser 終了後すぐにPCをシャットダウンした場合、エラーが表示され、シャットダウン処理が止まることがあります。その場合、強制的にシャットダウンをクリックすることでシャットダウン処理を継続することができます。
ハードディスクへの読み書きに時間がかかるPCではRevoWorks Browser の動作でも遅延が発生する可能性があります。起動処理や終了処理に時間がかかっていて強制的に終了したい場合には、アイコンメニューから終了してください。
RevoWorks Browser 上でキーボード操作およびマウス操作が5分間行われなかった場合にブラウザを終了します。
1.ログイン画面を表示する
Revoworks Browserアイコンをダブルクリックします。
2.ログインする
3.ブラウザーを選択する
※2回目以降は前回利用したブラウザにチェックがつきます。
4.Revoworks Browserのコンテナ上でブラウザーが立ち上がります。
※「ブラウザー更新」や「おすすめブラウザー」のメッセージが表示されることがありますが、そのままご使用ください(自動更新となります)
1.ブラウザーの右上に表示されている[X]をクリックします。
または、タクスバーの「Revoworks Browserアイコン」をクリックして表示されるメニューから終了してください。

※RevoWorks Browserを終了させた直後に再度起動しようとすると「RevoWorks Browserは既に起動されています。」のエラーが表示される場合があります。
RevoWorks Browserが完全に終了するまで1~2分お待ちいただき、再度起動処理をしてください。

バージョンアップにあたっての注意事項
RevoWorks Browser Updater を利用したバージョンアップには自動バージョンアップと手動バージョンアップの2種類があります。
RevoWorks Browser が起動していないこと。RevoWorks Browser が起動した状態ではバージョンアップできません。
PCにユーザがログインしていること。ログインしていない場合はバージョンアップできません。
1.バージョンアップの予定がある時は、PCにバージョンアップのメッセージが表示されます。
※ご使用のPCが「アプリやその他の送信者から通知を取得する」設定になっていない場合は表示されません。
2.バージョンアップの予定の時刻になると、インストーラダウンロードからクライアントインストールまでが自動で行われます。

インストーラのダウンロード開始の表示

アプリケーションのインストール開始の通知

インストーラのダウンロード終了の表示

インストール完了の通知

3.実行結果が表示されますので、内容を確認して[OK]をクリックすると、画面が閉じます。
※アップデータをアップデートした場合、完了画面はリアルタイムでは表示されません。 次にアップデータを起動したタイミング(端末再起動時など)で表示されます。
クライアント、Firefox を同時にアップデートした場合には、アップデータ再起動のタイミングでまとめて結果が表示されます。
4.PCを再起動します。
※ 必ず『再起動』を選択してください。高速スタートアップが有効になっている環境では、『シャットダウン』⇒電源オンの操作は再起動として扱われません。(Windows の設定では高速スタートアップはデフォルトで有効になっています)
※ 『再起動』を選択しない場合は再起動が未完了扱いになりRevoWorks Browser が正常に動作しなくなる可能性があります。
バージョンアップにあたっての注意事項
RevoWorks Browser Updater を利用したバージョンアップには自動バージョンアップと手動バージョンアップの2種類があります。
RevoWorks Browser が起動していないこと。RevoWorks Browser が起動した状態ではバージョンアップできません。
PCにユーザがログインしていること。ログインしていない場合はバージョンアップできません。
1.PCのタスクバーの「RevoWorks Browser Updater アイコン」をクリックして表示されるメニューから[手動アップデート]をクリックします。
2.確認画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックすると『RevoWorks Browser Updater』のアイコンが回転し始めますので、そのままでお待ちください。
3.インストーラの取得からインストールの完了までが自動で行われます。
※ご使用のPCが「アプリやその他の送信者から通知を取得する」設定になっていない場合は以下のメッセージは表示されません。

インストーラのダウンロード開始の表示

アプリケーションのインストール開始の通知

インストーラのダウンロード終了の表示

インストール完了の通知

4.実行結果が表示されますので、内容を確認して[OK]ボタンをクリックすると、画面が閉じます。
※アップデータをアップデートした場合、完了画面はリアルタイムでは表示されません。 次にアップデータを起動したタイミング(端末再起動時など)で表示されます。
クライアント、Firefox を同時にアップデートした場合には、アップデータ再起動のタイミングでまとめて結果が表示されます。
5.PCを再起動します。
※ 必ず『再起動』を選択してください。高速スタートアップが有効になっている環境では、『シャットダウン』⇒電源オンの操作は再起動として扱われません。(Windows の設定では高速スタートアップはデフォルトで有効になっています)
※ 『再起動』を選択しない場合は再起動が未完了扱いになりRevoWorks Browser が正常に動作しなくなる可能性があります。
6.全てのモジュールのアップデート実行結果が「既に最新」になるまで1~5を繰り返します。
※ 最新のバージョンがインストールされている場合は実行結果に『既に最新』と表示されます。
[OK]ボタンをクリックして画面を閉じ、バージョンアップを終了してください。
アンインストールにあたっての注意事項
アンインストールは必ずsetup.exe を使用して行ってください。
『アプリと機能』などのWindows 端末の機能を使用してアンインストールした場合、各クライアントのモジュールが破損し再インストールでも改善しない可能性があります。

RevoWorks Browser のバージョンアップが目的の場合はアンインストールは行わないでください。必ず上書きインストールを行ってください。

1.『setup.exe』をダブルクリックします。
※ ユーザアカウント制御が表示される場合は[はい]をクリックします。操作を続行するためには管理者権限が必要です。
2.2.コマンドプロンプト画面が立ち上がり「再インストールしますか?アンインストールしますか?」というメッセージが表示されますので、「U」と入力し[Enter]を押す。 「RevoWorks Browser Updater」のアンインストールが開始されます。  
3.「この製品をアンインストールしますか?」で、[はい]をクリックします。RevoWorks Browser Updater、コンテナ、RevoWorks Browser 順にアンインストールされます。RevoWorks Browser のアンインストールが完了すると『RevoBrowser をアンインストールしました。』と表示され、画面が自動で閉じます。
※「インストールを続行するには、次のアプリケーションを終了する必要があります。」が表示された場合は[無視]で続行してください。
4.PCを再起動します。
※『再起動』を選択しない場合は再起動が未完了扱いになりRevoWorks Browser が正常に動作しなくなる可能性があります。
※高速スタートアップが有効になっている環境では、『シャットダウン』⇒電源オンの操作は再起動として扱われません。(Windows の設定では高速スタートアップはデフォルトで有効になっています)
5.再起動したPCで以下をご確認ください。
  • RevoWorks Browser のショートカットが消えていること
  • タスクトレイまたはタスクバーからRevoWorks Browser Updater のアイコンが消えていること
  • アプリ一覧にRevoWorks Browser Updater およびRevoWorks Browser が存在していないこと

RevoWorks Browserの機能

ウェブ会議にあたっての注意事項
Cisco Webex Meetings、Zoom、Microsoft Teams が利用可能です。
Google ChromeとMicrosoft Edge(Mozilla Firefoxは非対応)でご利用いただけます。
インストール版には対応していません。
印刷にあたっての注意事項
『Microsoft Print to PDF』または『Microdoft XPS Document Writer』を使用して印刷を行う場合の保存先フォルダは、Desktopを指定してください。
その他のフォルダを選択した場合は予期せぬ動作をする場合があります。
  1. 印刷の手順はローカル環境のブラウザと同じです。
  2. 例えばFirefoxの場合、以下の操作で印刷を行えます。
    • ショートカットキー『ctrl+P』を使用して印刷メニューバー⇒『ファイル』メニューに表示されている印刷メニューを利用して印刷
    • ページに埋め込まれている印刷用のリンク(ボタンやテキストリンクなど)を利用して印刷
RevoWorks Browser はローカル環境のファイルは参照を禁止しています。
メール等にファイルを添付する場合にはコンテナ内にファイルをアップロードしてからファイル添付します。
RevoWorks Browser のコンテナへファイルをアップロードする方法について説明します。ブラウザを閉じるとコンテナ内のファイルは削除されます。
ファイルのアップロードにあたっての注意事項
RevoWorks Browser にログインしていない場合は使用できません。
ショートカットを使ってファイルをアップロードすることはできません。
同じ名前のファイルがアップロード先に存在する場合は、ファイル名の後に連番が付きます。
一度にアップロードできるファイルは1つです。複数のファイルを同時にアップロードすることはできません。
フォルダをアップロードすることはできません。
1.タクスバーの「Revoworks Browserアイコン」をクリックして表示されるメニューから[通常アップロード]をクリックします。
※タクスバーの「Revoworks Browserアイコン」例
2. [アップロードファイル選択]画面が表示されます。アップロードしたいファイルを選択し[開く]ボタンをクリックするとコンテナ内にファイルがアップロードされ、アップロードが終了すると完了画面が表示されます。

※ 一度にアップロードできるファイルは1つです。複数のファイルを同時にアップロードすることはできません。
※ [開く] をクリックするとアップロードを開始します。ファイルの選択は慎重に行ってください。
3.タクスバーの「Revoworks Browserアイコン」をクリックして表示されるメニューから[エクスプローラ]を起動させて、「Desktop」フォルダにファイルが存在することを確認します。
※タクスバーの「Revoworks Browserアイコン」例
無害化ダウンロード にあたっての注意事項
ダウンロード可能なファイル形式は、doc、docx、docm、xls、xlsm、xlsx、xlsb、ppt、pptm、ppsm、ppsx、pptx、jtd、pdf、jpeg、gif、png、zip、DWG(無害化対象バージョンはAutoCAD 2000~2018)、DXF(テキスト形式のみ)、lzh、7z、csvです。
Windows で使用できない文字(:*?”<>|)は半角スペースに変換されます。
AES256 でAdobe Extension Level 8 のファイルは無害化できません。
zip ファイル内に暗号化されたファイルがある場合は無害化できません。
zip ファイル内に暗号化されたファイルを含む無害化対象外ファイルが含まれる場合、対象外ファイルのみ削除され対象ファイルは無害化されます。
zip ファイル内に無害化対象と無害化対象外のファイルが混在する場合、どれか一つでも無害化に成功した場合はエラーメッセージ、警告メッセージは表示されません。正常動作として「無害化が完了しました」と表示されます。
zip ファイル内に暗号化されたファイルを含む無害化対象外ファイルが含まれる場合、対象外ファイルのみ削除され対象ファイルは無害化されます。
zip ファイル内に複数のファイルが含まれる場合、無害化処理に時間を要する場合があります。
拡張子がないファイルでパスワード付きのファイルは無害化できません。
元がCSV および7z,lzhファイルで拡張子がなくなっている場合は、無害化できません。
無害化対象ファイルの最大サイズについて
  • ファイルサイズが2GB を超えるファイルは無害化できません。(圧縮ファイルから展開されるファイルを含む)
  • ZIP 形式に収納されるファイル数が65535 を超えている場合は無害化できません。
ダウンロードフォルダは自動無害化対象として監視されています。ダウンロードフォルダ内で開いたファイルの上書き保存を行った場合は自動で無害化されます。
1. RevoWorks Browserを起動して、ダウンロードを行います。
※パスワード付きの圧縮ファイルをダウンロードした場合はパスワード入力画面が表示されます。パスワードを3回間違えた場合はキャンセルされます。
※PCの通知設定が有効となっている場合、段階に応じて通知が表示されることがます。

2.C:\Users\%username%\Downloads に「ファイル名-cleaned」のファイルがダウンロードされます。

※Office形式ファイルにパスワードが設定されている場合、無害化途中でのパスワード入力と、無害化後のパスワードは以下の通りとなります。
アプリ パスワード パスワード無 読取り 有 読取り 無 読取り 有
書込み 無 書込み 有 書込み 有
Excel パスワード入力 必要 不要 読取りだけ必要
読取りパスワード 削除 削除
書込みパスワード 残る 削除
Word パスワード入力 必要 不要 読取りだけ必要
読取りパスワード 削除 削除
書込みパスワード 残る 削除
PowerPoint パスワード入力 必要 不要 読取り書込みとも必要
読取りパスワード 削除 削除
書込みパスワード 残る 削除
ウイルスチェックにあたっての注意事項
ダウンロード可能なファイル形式は、doc、docx、docm、xls、xlsm、xlsx、xlsb、ppt、pptm、ppsm、ppsx、pptx、jtd、pdf、jpeg、gif、png、zip、DWG(無害化対象バージョンはAutoCAD 2000~2018)、DXF(テキスト形式のみ)、lzh、7z、csvです。
ウイルスチェック・サンドボックス機能は、Revoworks Browserの利用開始から最長24時間はご利用できません。直ぐに利用したい場合は、タクスバー通知領域の「RevoWorks Browser Updater のアイコン」から[VCKアップデート]をクリックして手動でアップデートを実施してください。
ウイルスチェック、サンドボックスチェックダウンロードをご利用できますが、 連続して実行または並行して実行することはできません。実行中のチェックが完了するまで待ってから次のチェックを実行ください。また、複数のファイルを同時に実行することはできません。複数ファイルを選択し実行した場合は最初に選択したファイルのみ処理します。
パスワード付きファイルは、ご利用できません。「暗号化されたファイルの為スキャン出来ませんでした。」と表示されます。
1. RevoWorks Browserを起動して、ダウンロードを行います。

2. タクスバーの「Revoworks Browserアイコン」をクリックして表示されるメニューから[エクスプローラ]を選択して、ダウンロードファイルを表示させます。

3.持ち出すファイル上で右クリックして表示されるメニューから[ウイルスチェック]をクリックしてウイルスキャンを開始します。
※チェック実行中は選択できません。完了を待ってから次のチェックを開始してください
4. スキャンが終了すると完了画面が表示され、脅威が検出されなかった場合は「ダウンロード」フォルダにファイルが保存されます。  
※脅威が検知された場合は「脅威が検出されました」と表示され、 [ログ表示]でスキャンの詳細を確認することができます。
ファイルをダウンロードすることはできません。
※パスワード付きファイルはご利用できません。「暗号化されたファイルの為スキャン出来ませんでした。」と表示されます。
サンドボックスチェック にあたっての注意事項
ダウンロード可能なファイル形式は、doc、docx、docm、xls、xlsm、xlsx、xlsb、ppt、pptm、ppsm、ppsx、pptx、jtd、pdf、jpeg、gif、png、zip、DWG(無害化対象バージョンはAutoCAD 2000~2018)、DXF(テキスト形式のみ)、lzh、7z、csvです。
ウイルスチェック・サンドボックス機能は、Revoworks Browserの利用開始から最長24時間はご利用できません。直ぐに利用したい場合は、タクスバー通知領域の「RevoWorks Browser Updater のアイコン」から[VCKアップデート]をクリックして手動でアップデートを実施してください。
ウイルスチェック、サンドボックスチェックダウンロードをご利用できますが、 連続して実行または並行して実行することはできません。実行中のチェックが完了するまで待ってから次のチェックを実行ください。また、複数のファイルを同時に実行することはできません。複数ファイルを選択し実行した場合は最初に選択したファイルのみ処理します。
パスワード付きファイルは、ご利用できません。「暗号化されたファイルの為スキャン出来ませんでした。」と表示されます。
1. RevoWorks Browserを起動して、ダウンロードを行います。  

2. タクスバーの「Revoworks Browserアイコン」をクリックして表示されるメニューから[エクスプローラ]を選択して、ダウンロードファイルを表示させます。

 

※パスワード付きの圧縮ファイルをダウンロードした場合はパスワード入力画面が表示されます。パスワードを3回間違えた場合はキャンセルます。
※PCの通知設定が有効となっている場合、段階に応じて通知が表示されることがます。
3.持ち出すファイル上で右クリックして表示されるメニューから[サンドボックスチェック]をクリックしてスキャンを開始します。
※チェック実行中は選択できません。完了を待ってから次のチェックを開始してください
4.スキャンが終了すると結果が表示され、脅威が検出されなかった場合はサンドボックスファイルに送信されます。
※脅威が検知された場合は「脅威が検出されました。」と表示され、 [ログ表示]でスキャンの詳細を確認することができます。
※パスワード付きファイルは、ご利用できません。「暗号化されたファイルの為スキャン出来ませんでした。」と表示されます。
5.完了すると「サンドボックスへファイルを送りました」と表示されます
6.タクスバーの「Revoworks Browserアイコン」をクリックして表示されるメニューから[RevoBRから持ち出し」→「サンドボックスチェック済み」をクリックし、「サンドボックスチェック済みファイル一覧」からファイルを選択して「持ち出し」ボタンを押すと「ダウンロード」フォルダにファイルが保存されます。
※ 実行中の持ち出しはできません。完了を待ってから操作を行ってください。
※ 判定結果が『良』以外のファイルの持ち出しはできません。
※ 複数選択には対応していません。持ち出せるファイルは一つのみです。

その他

対応OS

  • Windows10 64bit:
    マイクロソフト社がサポートを提供する、半期チャネルおよび一般提供チャネルをサポートします。
  • Microsoft Windows 11 64bit:
    マイクロソフト社がサポートを提供する、半期チャネルおよび一般提供チャネルをサポートします。
    必要なコンポーネント: .NET Framework 4.6.2 以上
    ※ Windows10 バージョン1607 から.NET Framework 4.6.2 以上のバージョンが含まれております。
    ※ .NET Framework 4.6.1 につきましてはマイクロソフトのサポート終了に伴い動作保証の対象外といたしました。

対応ブラウザ
 Firefox,Chrome, Edge

Microsoft Office サポートバージョン
 Microsoft Office 2016/2019 、Microsoft 365

※2023年7月現在の制限事項です。

動作環境

  • Windowsのユーザ名が日本語の場合、RevoWorks Browserは正常に動作しません。ユーザ名が日本語の環境では RevoWorks Browserを使用しないでください。
  • システムドライブがCドライブ以外の場合、RevoWorks Browserは起動できません。
  • ユーザプロファイルがCドライブ以外の場合、RevoWorks Browserは起動できません。(フォルダリダイレクト機能を利用している場合を除く)
  • Windows構成上に存在しない、またはアクセスできない共有やドライブを指定しているとRevoWorks Browserを利用できません。
  • IMEの『互換性』項目はオフにしてください。オンにした場合、RevoWorks Browserが強制終了することがあります。
  • 高速スタートアップが設定されている環境の場合、RevoWorks Browserの起動処理と終了処理が正常に行えない可能性があります。高速スタートアップは無効にすることを推奨します。
  • ハードディスクへの読み書きに時間がかかる端末ではRevoWorks Browserの動作でも遅延が発生する可能性があります。起動処理や終了処理に時間がかかっていて強制的に終了したい場合には、アイコンメニューから終了してください。
  • Windows11 固有の制限事項
    • ✔ 端末のOS がWindows11 22H2の環境でスマートアプリコントロールがオンになっている場合はRevoWorks Browserを利用できません。
    • ✔ RevoWorks Browserに対してプロセスの効率モードをオンにしないでください。RevoWorksBrowserのサービスが停止し、RevoWorks Browserが起動できなくなる可能性があります。
      RevoWorks Browserのサービスが停止した場合はWindowsのサインアウトもしくはOSの再起動が必要です。

アンインストール

  • アンインストールは必ずsetup.exeを使用して行ってください。
    『アプリと機能』などのWindows端末の機能を使用してアンインストールした場合、各クライアントのモジュールが破損し再インストールでも改善しない可能性があります。

RevoWorks Browser Updater

  • サービスサーバーダウン時にはRevoWorks Browser Updaterによるアップデートはできません。
  • RevoWorksBrowser起動中はアップデートを行うことができません。
  • 高速スタートアップが有効になっている環境で端末をシャットダウンした場合、起動後にRevoWorks Browser Updaterのアイコンがタスクトレイ またはタスクバー に表示されない場合があります。
  • Chromeモジュールの現在のバージョンが100未満の環境で、RevoWorks Browser Updaterを使用してアップデートした場合、アップデート前のChromeモジュールのバージョンは結果画面には表示されません。

接続/認証

  • 起動時に『ドライバの異常を検知しました。コンテナを再インストールしてください』というメッセージが表示された場合、RevoWorks Browserの再インストールが必要です。
    再インストールを行うまで解消されません。
  • RevoWorks Browserの接続は後勝ちの仕様となっているため、別端末で同じ組織の同名ユーザが後からログインした場合には、後からログインした接続者が優先されます。
    先にログインしていた接続者は後からログインした接続者が接続してから最大5 分後に切断されます。
  • RevoWorks Browser終了後すぐに端末をシャットダウンした場合、エラーが表示され、シャットダウン処理が止まることがあります。
    その場合、強制的にシャットダウンをクリックすることでシャットダウン処理を継続することができます。

ブラウザ

  • Adobe Flashはサポートが終了しているため使用できません。
  • 『Internet Explorer 11』はサポートしておりません。
  • EdgeのIE モードはサポートしておりません。
  • 使用するブラウザがFirefoxの場合、メニューバーの『ファイル』項目にある『名前を付けて保存』メニューは使用できません。
  • ブックマークのインポート、エクスポートはできません。
  • アドオンはインストールできません。
  • Firefox・Chrome・Edge でURL入力欄に「mailto:」を指定した場合、ローカルにインストールされたメールクライアントが起動することがあります。
    ※メールクライアントはコンテナの外部で起動されているため、セキュリティ上の問題はありません。
  • Chromeの自動文字起こし機能は使用できません。
  • Chromeのバージョンが114 未満の場合はChromeのパスワードインポート機能を利用することはできません。

無害化

  • Excel ファイルのファイル名にExcelで禁止文字となる [ ] が含まれる場合には全角に置換されます。
  • アーカイブファイルの中に含まれる7zip、lzh、暗号化ファイル (アーカイブ、Office、PDF) は無害化できません。
  • パスワード入力画面ではIMEの切り替えはできません。
  • 全角のパスワードの解除には対応していません。
  • 7zファイルのパスワードにダブルクォーテーションが含まれている場合はパスワードを解除できません。

ウイルスチェック/サンドボックスチェック(RevoWorks VirusChecker/Threat Checker)

  • RevoWorks VirusCheckerではリアルタイムスキャンは行いません。
  • サンドボックスチェック機能はダウンロードなしで利用することはできません。
  • 連続して実行または並行して実行することはできません。実行中のチェックが完了してから次のチェックを実行してください。
  • 複数のファイルを選択し、ウイルスチェック、ウイルスチェックダウンロード、サンドボックスチェックダウンロードを実行した場合、最初に選択されたファイルのみ処理します。
  • パスワード付きファイルはスキャンできません。
  • オフライン起動時は利用できません。
  • ファイル名にカンマが含まれているファイルはウイルスチェック、ウイルスチェックダウンロード、サンドボックスチェックダウンロード機能を利用できません。

コピー&ペースト

  • Excelファイルでのセルのコピーはできません。
  • コピー ペーストの設定は『テキスト』のみが対象です。
  • ショートカットキー『Windows』+『V』は使用できません。

コンテナ内のファイル閲覧

  • RevoWorks Browserのコンテナ内で閲覧することができるファイルは、Excel・Word・PowerPointのみです。
  • コンテナ内に持ち込んだPDFファイルを閲覧することはできません。ダウンロードを強制される場合はいったんコンテナ内にダウンロードし、ローカルに持ち出してから閲覧してください。
    ダウンロードを強制されない場合は、ブラウザのタブで開いて閲覧してください。
  • RevoWorks BrowserでExcelもしくはPowerPointを先に起動した状態で、ローカルのExcel・PowerPointファイルをダブルクリックで開いた場合、ファイルは開けません。
  • PowerPointはローカルかコンテナのどちらか一方でしか起動できません。
  • Officeファイルのマクロ実行は禁止しています。
  • コンテナ内で開くOfficeファイルは保護ビューが解除された状態で開きます。

印刷

  • Firefox利用時、印刷機能を使用してPDF印刷を行う場合の保存先フォルダは、Desktopを指定してください。その他のフォルダを選択した場合は予期せぬ動作をする場合があります。
  • コンテナで開いたOfficeファイルの印刷操作を無効にすることはできません。
  • RevoWorks Browser(Firefox) で印刷をする場合、Windows10 1809以下のバージョンを利用している環境では、Firefox102での印刷はできません。Edge またはChromeを利用して印刷してください。

Firefox設定の『履歴を保存する』について

  • RevoWorks Browserでは保存日数の指定には対応していません。指定した日数に関わらず履歴は保存されます。

ファイルエクスプローラ

  • コピー(カット)&ペースト時に貼り付け先のフォルダに同名のファイルが存在していた場合、貼り付け元のフォルダに存在するファイルの名称が『- コピー (1)』が付加された名前のファイルに置き換わります。

WEB 会議

  • Firefoxは非対応です。
  • Microsoft Teams アプリ版は非対応です。

サポート窓口

MENU